平成28年度 「春の奉仕茶会」参加御礼とご報告 | 千鳥ヶ淵戦没者墓苑 奉仕茶会


平成28年度 「春の奉仕茶会」参加御礼とご報告

 今年の春の茶会は朝からの雨模様にもかかわらず、例年同様、会員の皆様はじめその他多数の方にご参会賜り誠に有難うございました。

 雨も小止みになり、予定より少々遅れて献茶式が始まりました。途中、また小雨という生憎の天候でしたが、その中でも千葉宗立(そうりゅう)宗匠のご奉仕により戦没者慰霊の献茶式がつつがなく執り行われました。大勢の参列者の方々は、炭・濃茶・薄茶の点前を間近で拝見し、精進の念をまた新たにされたのではないかと思います。

 式典に先立ち、毎年献茶のご奉仕をされている千葉宗立宗匠に対し、墓苑奉仕会より永年の功績があったとして感謝状が授与されました。
     私共、奉仕茶会実行委員会としても、誠にご同慶の至りです。
 今後とも、千葉宗匠をお支えし末永く奉仕活動を続けて参りたいと存じます。

 今回、茶席は前屋の建物に3席設けられ、その各席とも思い思いご趣向の道具をお持ち出しになり、老若男女の社中の方々がお点前をされていました。その他に拝服席もあり、参会の皆様はお茶・お菓子とも堪能し、満ち足りた気持ちでお帰りになったことと思います。

 また、11月には秋の茶会が開催されます。緑道の桜の葉も色づき、落ち着いた風情になります。一般茶券もございますので、お友達をお誘いいただき、多数ご参加賜りますようお待ち申し上げます。

ページトップへ