令和3年度の奉仕茶会 中止についてのお知らせ

令和3年度も奉仕茶会中止

いつも千鳥ヶ淵戦没者墓苑奉仕茶会の活動に、ご理解ご高配を賜り厚く御礼申し上げます。さて、奉仕茶会実行委員会より謹んでお知らせ申し上げます。

令和2年度につきましては、新型コロナ感染症の拡大に伴い「春の茶会」を4月から6月に延期し開催する旨ご案内いたしましたが、その後も拡大は続きやむなく春秋とも茶会を中止いたしました。この度、令和3年度の茶会開催について実行委員会として慎重に検討した結果、現在の感染拡大状況を鑑み誠に残念ながら、令和3年度につきましても「春秋とも中止」という苦渋の決断をいたしました。茶会を楽しみにしておられる皆様方の健康を最優先に考え、感染の不安を抱きながらご参会いただくということは心苦しく存じ、この結論に至ったことに何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

つきましては、令和2年春にお振込みいただいた「奉仕茶会会費」および(既に一部の方からお申込みいただいた)「一般茶券代金」を、会員の皆様に普通為替証書をもって全額返戻させていただきます。

私共奉仕茶会実行委員会といたしましては、この墓苑という聖域での奉仕茶会の灯を絶やすことのないよう今後とも活動を続け、感染に終息のめどがつけば、令和4年以降に再開いたしたく存じます。皆様方におかれましては、その節には是非とも再びご参加いただきますようお願い申し上げます。

末筆になりますが、皆様方の今後ますますのご健勝ご活躍と、ご家族ご一同様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

令和3年1月
千鳥ヶ淵戦没者墓苑奉仕茶会
会 長  市野 昭一

続きを読む

【緊急】「今年の春・秋の奉仕茶会」の開催中止について

今年度の千鳥ヶ淵奉仕茶会について、再度 緊急のご連絡を申し上げます。昨年末の発生以来、世界的に今なお拡大の一途をたどっている新型コロナウイルスは感染爆発の懸念が高まる一方で、終息の気配が見通せません。

去る3月25日には、東京都から「外出自粛の要請」がありました。また、その前日には、日本政府・IOCにおいても、東京オリンピックおよびパラリンピックの開催時期を1年程度延期することが決定されました。

先日「春の奉仕茶会を6月21日に延期し開催する」旨のご案内をいたしましたが、このような厳しい環境下では延期後の日程での実施も困難であると考え、当実行委員会としては誠に残念ながら、「今年の春・秋いずれの奉仕茶会も中止」という結論に至りました。ご参加予定の皆様の健康と安全、そして さらなる感染の拡大防止を最優先に考えこのような判断をいたしました。何とぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

<茶会中止に伴う対応措置について>

  1. 来年の「春の奉仕茶会」は、令和3年4月4日(日)開催の予定です。
    開催時間・場所、献茶式に変更はございません。来年1月になりましたら、改めて茶券をお手許にお届けします。恐れ入りますが、既にお届けした茶券(開催日が令和2年4月5日付)はご利用いただけませんので、破棄願います。
  2. 上記のために、再度の会員登録・一般茶券のお申込みの必要はございません。
    追加のお申込みは可能です。なお、住所・電話番号に変更のある場合は「お問い合わせ」よりご一報ください。
  3. 本年は「秋の奉仕茶会」につきましても中止いたしますが、来年の「秋の奉仕茶会」につきましては、来年夏ごろ改めてご案内いたします。
  4. 今後とも、奉仕茶会ホームページに最新情報を掲載いたしますので、ご確認いただければ幸いです。
続きを読む
ページトップへ